HOME > メッセージ

地域とともに自然とともに


弊社は「地域とともに自然とともに」をモットーに事業を進めております。
1958年の創業以来、土木建築工事、解体工事等に伴う産業廃棄物処理を事業の土台としながら活動を続けてまいりました。企業が活動すれば必ず産業廃棄物が生み出されますから、産業廃棄物処理は、産業の発展に欠かせない存在です。産業廃棄物処理の事業は地元の産業を支え、自然を守る土台であると思っております。企業は地元の支えがあってはじめて発展できるものです。この間、経済の発展とともに環境破壊が大きな問題となり、弊社も自然環境の保全を意識した事業への転換を積極的に進めてまいりました。常に最新の技術と設備を導入し、自然環境の保全を取り入れたリサイクル事業を進めてきました。石巻地域では産業廃棄物処理の中心的企業として、地域発展に貢献できたと自負しております。また、企業活動が、我々を取り巻く自然、環境の保全に積極的にかかわり、持続可能な活動となることが大事であると考えております。
2011年の東日本大震災で石巻地区は甚大な被害を受けました。地元企業としてガレキ処理に積極的に取り組み、復興の道筋をつける一翼を担いました。同時に、震災を契機に災害復旧の要請にこたえるべく土木事業へも活動の場を広げ、複合的な事業展開を図っております。
具体的には、産業廃棄物処理分野では廃棄物の徹底した分別によってリサイクルを進め、再生砕石、アスファルト原料、木枝バークチップ、エコチップ、製鉄原料(鉄、非鉄)など多様なリサイクル・エコ商品を生み出しています。
土木工事分野では津波被災地のかさ上げ工事、河川の護岸工事、公園整備、臨港道路などの災害復旧工事などを手掛けております。
これからも地域に貢献しながら発展できる会社であり続けたいと願っております。

代表取締役 山内 ひろみ

環境方針

          重吉興業株式会社は、東日本大震災からの復旧・復興を目指す地域社会の一員として全社をあげて関連の事業活動に
         取り組むとともに、それに伴い発生する環境負荷の低減に向けた活動を積極的に実施し、地域の環境保全に努めます。

         1.震災により発生したがれき及び産業廃棄物の速やかな適正処理とリサイクルを全社員の共通認識とし、確実に実施します。

         2.環境目標を設定し、見直しを行い、汚染の予防に努め、継続的改善を目指します。

         3.当社の事業活動に係る関連法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。

         4.事業活動に伴う資源とエネルギーの省力化に努め、環境負荷の低減を図ります。

          
            平成24年3月12日                               
            重吉興業株式会社    
             代表取締役 山内 ひろみ